▼【世界一危険な観光地】噴火中のヤスール火山・バヌアツタンナ島ドローン空撮Yasur Volcano in Vanuatu Drone


★PCブラウザからご視聴の場合は…
【歯車マーク】→【画質】→【1080P-HD】の
最高画質でご覧いただけると、
より素晴らしい映像で感動が伝わります^ ^
1080phd

こんにちわ!
世界の絶景を巡る旅人
ドローン空撮職人こと、さわです!

今回の空撮レポートは、
太平洋に浮かぶ火山の国、
バヌアツ共和国からお届けします^ ^
thumb_IMG_7547_1024

首都のポートビラを経由し、
世界一危険な観光地、
タンナ島にあるヤスール火山に行ってきました!

thumb_IMG_7511_1024

…そもそもバヌアツって、
一般的に日本人にはマイナーな国?
のような気がしますが、、、

実は私のような、
永遠の旅人=パメネントトラベラー(PT)
にとっては日本と「租税条約がない国」として、
バヌアツは「オフショア」で有名な場所でもあります!

また、バヌアツでは2015年3月に、
サイクロンの災害が起こり、
綺麗なポートビラ湾の岸の所々に
嵐で流された船がそのまま残骸として放置されてました( ̄ー ̄;

01

…さて、今回のバヌアツに来た一番の理由は、
まだ誰も見たことないような、

「噴火している火山のギリギリ」まで行き、
ドローン空撮してみたい!という、
クレイジーな目的でした!笑

…ということで、
まずはドローン空撮した結果から!!!

マイベストショット in ヤスール火山

yasur16

どうでしょうか☆〜(ゝ。∂)
ヤスール火山の噴火したタイミングで、
火口を真上から空撮してみました!

yasur17

まるで天然の花火大会!笑
バッコン!バッコン!爆発しまくりです!!

yasur13

画像だけでも迫力が伝わると思いますが、
現場はものすごい噴火の爆音と地震?(振動)で、
危険な雰囲気満載でまじでヒヤヒヤしますよ・・・(゚_゚i)タラー・・

yasur6

基本的に、ツアーガイドさんの指示のもと、
ヤスール火山の噴火の火花が見えるギリギリまで登山し、
誰でも見にいくことは可能なのですが、
さすがに噴火火口を近場で覗き込むことはできません。

yasur10

…ドローン空撮ならではの遠隔操作で見れる
ギリギリ感がここで伝わればいいと思ってます!!

yasur12

ドローン動画の途中で、
カメラのアングルの不安定さやブレが生じますが、

yasur18

これは噴火のときに水蒸気爆発?時に
「ぷしゅーーーーん!!!!(透き通る爆発音)」と、
勢いよく火口から天に向かって出る風で
ドローン本体が吹き飛ばされてます!

yasur5

水蒸気で泥状の灰が飛んできたり、
灰まみれになってカメラの視界を失ったり、
ドローンの操作が本当に不安定で超ドキドキでした!!!

yasur8

ヤスール火山(タンナ島)への行き方や金額まとめ

結論…
「若干高くても、ツアーに申し込む!」
これがいいんじゃないかと思います。

★ちなみに私は、
バヌアツ唯一の日本人経営の現地ツアーデスクにお願いし、
ツアーに申し込んでヤスール火山を見に行きました!

首都のポートビラからタンナ島へ、
国内線の飛行機で移動して、
現地のツアーガイドさんと一緒に
火山に見に行くことが一般的だと思います。

2016年2月現在、
日本からバヌアツへの直行便はないので、
「フィジー」もしくは「ニューカレドニア」経由で、
一旦、首都のポートビラに行くのが一般的だと思います。

※ちなみに2016年1月末から、
オーストラリアからバヌアツへの直行便が廃止された模様で、
当初私はブリスベン経由で入国予定でしたが、
予定を変更してフィジー経由で入国しました。

今回お世話になったツアーデスク、
▼サウス・パシフィック・ツアーズ・ビラさん (South Pacific Tours Vila)
http://www.rexgroup.co.jp/office/

thumb_IMG_7263_1024

ザ・メラネシアンというホテルの一階にデスクがあり、
このホテルに泊まれば現地での手続きもカンタンです!

thumb_IMG_7266_1024

※バヌアツはインフラがまだ不安定気味な感じで、
正直ネットのスピードも遅いです。

自分でできる限り安いのを見つけて、
現地で手配することもできると思いますが、

首都ポートビラの宿泊から空港送迎、
タンナ島のホテル宿泊や火山ツアーなどは、
諸々全てツアーデスクにお願いするのがシンプルベストです!

ちなみに私は、
バヌアツ5泊6日のスケジュールを確保し、
フィジーからバヌアツへの入国、
そしてニューカレドニアへの出国便が事前に決めてました。

そのフライトスケジュールを
ツアー見積もり依頼の段階で事前に伝えておけば、
うまくカスタマイズしてツアー内容も提案してくださり、
とても親切にメール対応してくれます!

▼カスタムツアーの内容
yasurmitumori

■首都ポートビラの宿泊3泊の確保(ツアー代金込)
■空港からホテルまでのタクシー送迎の確保(ツアー代金込)
■ポートビラ〜タンナ島の飛行機チケット往復の確保(ツアー代金込)
■現地ツアー、ホテル確保、送迎の確保(※タンナ島の支払いは現地払い)

と、いうように、
大枠さえ伝えれば事前にお見積もりも作成してくれるので、
安心してツアーに参加できると思います!

決済はクレジットカード払いも対応してくれます!
(私はアメックスカードでOKでした)

私と同じような内容でしたら、
決済金額は日本円にして10万円程度、
現地で使うホテル代やタクシー、
ツアー代金のお金は3〜4万円をみておけばOKです!

ヤスール火山のタンナ島ってどんな感じなのか?

■空港や街の様子

まず、空港が「えーっ!?」って思うくらい、
ユル〜いのがバヌアツ国内線の印象ですw

thumb_IMG_7510_1024

これは行ってみないと伝わりにくいですが、
空港自体の建物の作り、
サービス、スタッフの対応など全て、
とにかく良くも悪くもユルいですねw

thumb_IMG_8001_1024

手荷物の持ち込みでニワトリ?を
飛行機に持ち込む現地人もいましたw

■インターネットやモバイル通信環境

thumb_IMG_7219_1024

2016年2月現在、
空港で現地プリペイドSIMを購入しましたが、
3Gの遅めの速度で1GBが1000円くらいです。

ホテルのWiFiなども、
速度はかなり遅いと感じると思います。

タンナ島は島全体がジャングルのような感じなので、
インターネット接続は「ほぼ不可」と考えたほうが無難です!

タンナ島の場所によっては一応、
現地SIMでネットの表示は「圏外」or「E」の状態で、
テキストメッセージ送信くらいなら超ギリギリな場合も…。

■送迎、ツアー、ホテルなど

ヤスール火山ツアーガイド兼、
ツリーハウスのオーナー&空港送迎担当、
タンナ島出身のバヌアツ人トーマスさん。
thumb_IMG_7519_1024

三菱のサーフトラック系の車で
送迎してくれます!

…が、空港の待ち合わせも特に看板などなく、
空港スタッフに聞いてトーマスさんを見つけて頂きましたw

しかし、めっちゃ親切なオーナーで、
英語もフランス語もとても流暢に話すことができ、
一人何役もこなす必殺仕事人です!

■ホテルまでの道のりやお店、物価など。

空港からツリーハウスのホテルまで、
おそらく距離にして15〜20キロ程度?だと思いますが、
thumb_IMG_7536_1024

道路がほぼ「荒れたオフロード」状態なので、
時速10キロ程度で2時間くらいかけて、
休み休みゆっくり進み続けます。。。
thumb_IMG_7577_1024

途中に大きな木の下で休んでる人や、
青空マーケット的なのもみかけます!
thumb_IMG_7583_1024

移動は悪路でかなり揺れますし、
なかなかシンドイです…ぶっちゃけw

途中、島の集落でお菓子やジュース、
パンや肉、魚、米屋などのお店もありますが、
物価は高めな印象です。

水2リットルで200円、
コーラは1杯150円くらいとか。

※冷蔵庫ないお店も多数で、
冷えてないコーラとかスプライトとか、
それが当たりまえ感覚ですw

もし、現地の食事に自信がない場合、
首都ポートビラの輸入品スーパーマーケットや
日本で事前にお菓子や
インスタント食品の持参をお勧めします!

※基本的にタンナ島の現地の食事は期待できませんw
※しかも私は数日間、食あたりになりましたw
…たぶん鶏肉で。
thumb_IMG_7605_1024

そしてホテルへ向かい途中、
火山が見える砂漠でなんと車のトラブル!!!( ̄ー ̄;
thumb_IMG_7601_1024

後ろタイヤが後部にスレ込んでロック状態に…!!!
たまたま通りがかった車に救出してもらいましたw

「すれ違う島の人=家族」
みたいな仲間意識がタンナ島には根ずいているようで、
途中、ジャングルの道を歩く人々に行き先を聞き、

方向が一緒なら荷台に乗せる(もちろん無料)という、
現地の温かみある文化を所々感じました!

■ヤスール火山に一番近い宿泊施設「ツリーハウス」


ヤスール・ビュー・ロッジ!
タンナ島ではここに宿泊しました!
thumb_IMG_7964_1024

thumb_IMG_7616_1024

ツリーハウスもドローン空撮しました!
絵になります(・∀・)
tree

建物にすると3,4階くらいの高さの場所に、
オーナー手作りのツリーハウスと呼ばれる
宿泊部屋があります!
thumb_IMG_7624_1024

ツリーハウスは2つあって、
私は一上段の眺めがよい方に泊めてもらいました。

ベットが3つほどあるので、
基本的には3,4人は余裕で宿泊できます!

部屋からは2,3キロ先にある、
ヤスール火山も眺めることができ、
当たり前のように火山灰も飛んできますw
(※外で洗濯物は干せません)

部屋に電気はなく、懐中電灯持参必須!
(※これはiPhoneで対応)

電気は家ごとの自家発電システムで、
夕方から限定仕様となっており、
夜10時で完全ストップ!(実質4-5時間のみ?)
…ドローンやiPhoneの充電はこの時間に集中w

ここがみんなで食事をとったり、
唯一充電設備がある建物!
thumb_IMG_7794_1024

トイレは水洗なのですが、
シャワーのお湯は一切なく水オンリーです!

夜は基本外は真っ暗で星空が綺麗です!

あとは火山の噴火は24時間活動してるので、
真夜中の噴火の煙は火花が混じって赤みがかって見えます!

■ヤスール火山の様子と見学のタイミング

見学のタイミングは
希望を出せば自由に連れて行ってくれますが、
車で20分くらいの荒れた山を登り続けます!

火山まではかなり近いところまで車で行けるので、
そこから自力で2,3分登れば山頂です!

thumb_IMG_7683_1024

世界一危険な郵便ポストもここにあります!
thumb_IMG_7782_1024

山頂に向かい自力で登っているときから、
噴火の振動と爆音で緊張感が高まります!

ツリーハウス宿泊者に関しては、
火山から近場なので見学のタイミングは
「サンセット」「サンライズ」の2回行ける特権があります!

周りが暗い方が
噴火の火花が綺麗に見えるのは間違いないです!

■サンセット見学は日が落ちる前の夕方に
ホテルから車で10分程度で山頂へ。

■サンライズ見学はホテルへ戻って就寝後、
まだ空が真っ暗な夜(AM3時頃)に起床し現地へ向かいます!

※サンライズ見学は、
ガイドのトーマスさんは車で寝てるとのことで、
結局私一人で現地から山頂に登りましたw

サンライズ見学の2,3時間、
この時間は私だけしか現地にいなかったので、
完全に独り占め火山状態でした☆〜(ゝ。∂)

エントリーフィーは1回目が3,500円くらい、
2回目以降は半額になります!
thumb_IMG_7648_1024

私が一人でサンライズ見学してた時に積もった車の灰!
たぶん2時間くらい?
thumb_IMG_7792_1024

愛機のドローン、Phantomが火山で死亡?!

…結果論ですが、
火山灰をかぶる程度なら、
まだギリギリ大丈夫ではありますが、

噴火時に発生する水蒸気?が混じったドロ状の灰が
ドローンに被ると…
カメラ&ジンバルとモーターがヤラレました( ̄ー ̄;

▼水を含んだ灰丸かぶりのPhantomと送信機
thumb_IMG_7739_1024

もちろん私も灰まみれ!!!
というか、半分泥まみれ状態という感じでしょう!!!笑

金属部分は錆びつき、
カメラは「ジャリジャリ」と音かなって、
スムーズに動かすことはできなくなります!

時間をかけて分解して細かい掃除をしても、
精密機械なので完全復活は無理な感じですw

各種パーツを購入して変更すればOKですが、
おそらく新しい本体買った方が無難です!

私個人的には…
ツアー代金15万円、
ドローン本体15万円と、、、、

合計30万円の経費がかかった、
ドローン空撮の旅でしたが、
バヌアツのヤスール火山は本当に行ってよかったです!

こんなに行きにくい場所で、
かつドローンを飛ばしがいのある危険な場所、
ヤスール火山以外に
世界中探してもなかなかないと思ってます!

もし、ドローン空撮でヤスール火山に行くなら、
「本体は壊れる」という覚悟の元、
現地に行ってドローン飛ばしてくださいませf^_^;笑

しかし、ドローン空撮しなくても、
ヤスール火山は本当に感動できるオススメなので、
ぜひ行ってみて欲しい観光スポットです!!!

★あと、南国の綺麗な海もいいですが…

あえて、世界一危険な観光地、
ヤスール火山でウェディングフォトとか、
激アツな感じがしますよ!!!☆〜(ゝ。∂)笑


▼カルチャービレッジというところにいる現地民!
thumb_IMG_7884_1024

▼川で洗濯ではなく、川でマジ洗車w
thumb_IMG_7900_1024

▼ホットスパと呼ばれるなかなか気持ち良いバヌアツ式の温泉
thumb_IMG_7924_1024

世界を自由に旅する、そのヒントは?「職業旅人」で!