▼【透き通る碧い地中海】マルタポパイ村バレッタ絶景ドローン空撮


★PCブラウザからご視聴の場合は…

【歯車マーク】→【画質】→【1080P-HD】の

最高画質でご覧いただけると、

より素晴らしい映像で感動が伝わります^ ^

1080phd



こんにちわ!

世界の絶景を巡る旅人

ドローン空撮職人こと、さわです!





今回の空撮レポートは、

日本では観光客が訪れている人が少ないマイナーな国ですが、

素晴らしい綺麗な地中海を堪能できる

「マルタ共和国」からお届けしていきたいと思います^ ^

thumb_IMG_2077_1024

マルタ共和国は、

「マルタ島」「ゴゾ島」「コミノ島」の3島からなり、

イタリアの最南端にあるシチリア島のさらに南に、

約90kmいった所にある小さな国です。

thumb_IMG_2080_1024

ですから、公用語はイタリア語!?と思いきや、

マルタ語と「英語」が使われております。





この理由はマルタ共和国は168年間、

イギリスの統治下にあったため、

英語が使われているみたいです。





マルタ共和国は過去に色々と、

複雑な事情があった国みたいですね(・∀・)





ちなみに現代では美しい地中海にありながら、

言語に英語が使われていることにより、

日本人の留学生が英語を習得する為の環境として、

このマルタ共和国を選ぶ学生もそれなりに多いようです!





コミノ島とゴゾ島へ遊びに行き、

帰り便のマルタ島へのフェリーの中で、

日本女子2名の留学生と仲良くなり、

留学のことなども色々お話を聞く機会もありました!





ちなみに、最強の透明度の海があるコミノ島!

ドローン空撮しなくてもヤバイ綺麗ですw

thumb_IMG_2248_1024

thumb_IMG_2228_1024

また、マルタ共和国は

ヨーロッパの各国のリゾート地として有名な場所で、

小さな3つの島国でありながらも人口密度でいえば世界4位で

商業施設、観光施設が非常に充実しているところなのです。

Valetta01



そう考えるとヨーロッパのリゾート地で、

英語をしっかり学べる環境は素晴らしいですね!





さらにマルタ共和国は留学する時に、

誰もが確認する「治安の良さ」ですが、

海外の中でもかなり治安が良い国で、

日本女子にも安心だと感じました^^





このことからもマルタ共和国で

犯罪や強盗などの危険な目に会う心配は殆どないので、

楽しい留学生活を歩むことができそうです!





※しかし、置き引きは結構多発しているようで、

荷物の管理にはどこの国でも注意は必要です!





私はタイ語や韓国語などは少し話せるのですけど、

英語に関してはあまり強くありませんので、





留学の条件がかなり良いマルタ共和国で

一発英語を学ぶのも意外に「アリ」かなと

思ってしまいましたねw





…と言うわけで、

一通りマルタ共和国の説明をしたところで、

ここからはいつものドローンの空撮画像を、

バッチリと公開していきたいと思います!!!



▼マイベスト・ショット in マルタ共和国



Comino Island2



コミノ島!きゃっほーーーーい☆〜(ゝ。∂)

これ、まじヤバスな奇跡の空撮画像です!!!





これは歴代ドローン空撮の中でも暫定ベスト1、

私の最強にお気に入りの空撮画像となってます!





正直に言うと、

私は地中海ってあまり綺麗な海のイメージがなかったのですが、

マルタでドローン空撮してみて一気に覆りましたねー(・∀・)





なぜなら、透明度が非常に高いことから、

船の影がクッキリと海の底に映っているからです。







もしからしたら、以前紹介したコチラコチラ

太平洋の王道観光リゾート「ハワイ」の周辺の海を

圧倒するくらい本気で綺麗かも知れませんね☆〜(ゝ。∂)





…ちなみに他の写真はこのような感じです!





▼マルタ島・ポパイ村

Popeye Village2



Popeye Village3





▼マルタ・コミノ島

Comino Island3



Comino Island5



いやー、本当にマルタ共和国の海は綺麗ですよね!

今回たまたま空撮でコミノ島の崖を撮ってたのですが、

Comino Island4



なんと高い崖の上から海に飛び込む、

少年&青年たちがいるところもドローンに映りました!





綺麗な海にダイブするのは気持ち良さようですが、

崖の上から飛び降りるとか絶対怖いですが楽しそうw







マルタ島→コミノ島→ゴゾ島と

フェリーで渡り…





ゴゾ島の中で最も有名な

「Azure Window(アズール・ウィンドゥ)」

もバッチリ空撮してきました!

Gozo Island1



Gozo Island2



Gozo Island3



Gozo Island5



この迫力と綺麗さは映画やドラマのロケで、

非常に良く使われているような場所みたいですよね!





しかも、このような場所って

日本では立ち入り禁止だったり、

一般的には柵が設けられていますが、





マルタ共和国では

このデッカイ岩の崖っぷちまで

普通に歩くこともできますし、

このデッカイ岩の真下で泳ぐことも可能です!





すごく開放感が溢れていて、

それを見てて最高でしたね☆〜(ゝ。∂)





また、マルタ島にある首都のバレッタの

綺麗な街を見下ろす感じでドローン空撮もしました!

Valetta1



Valetta4



なんだか街並みは本物の家ではなく、

ミニチュアのおもちゃみたいな錯覚に陥りましたね!





天然的な「ベージュ」カラーを基調にした街並みが

マルタの独特の雰囲気と特徴です!





建物の統一感から見て、

リアルシムシティーと言っても過言ない、

ハイレベルな芸術センスの街並みです!





…空撮をして改めて、

マルタ共和国は小さな国なのに、

インフラもしっかり整っていて、

独自の文化で発展している国であることがわかりました(・∀・)





マルタは自然の土埃が若干多い感じで、

車はこんな感じだったりしますw

thumb_IMG_2307_1024

マルタへの行き方、移動手段、物価、オススメ料理など…



Valetta02





■マルタへの行き方は欧州のどこか経由で入国



今回、私が訪れて空撮をしたマルタ共和国ですが、

残念ながら未だ日本からの直行便はありません。





ですから、一般的にはヨーロッパの国のどこかの空港へ行き、

そこから乗り継いでマルタ共和国を目指す感じとなりますね^^





私はギリシャからキプロス共和国にわたり、

その後、キプロス経由でマルタへ入国しましたが、

欧州の国際線は片道1〜1.5万円程度で乗ることができます!





もちろん時期にもよりますが、安ければ、

5,000〜6,000円程度の国際線もあります!





ちなみにヨーロッパの国々から

マルタ共和国までの飛行機所要時間は…





以下のように

・ローマ 90分

・フランクフルト 180分

・ブリュッセル 180分

・イスタンブール 150分

・パリ 180分

・ロンドン210分

・チューリッヒ 150分

・ウィーン 150分

・アムステルダム  180分





ヨーロッパの国々から

約1〜3時間ぐらいと思っていただけると、

良いかもしれませんね!





あとは、日本人では少ないですが、

ヴァレッタとシチリアのポッツァーロを行き来する船(フェリー)でも、

マルタ共和国に行くことができるみたいですね!

(所要時間は高速艇1時間半ぐらい)





■マルタ島の移動手段、コミノ島&ゴゾ島へのアクセス



マルタ島内の移動や、島の移動は、

基本的にタクシーかフェリーでの移動がメインです!





空港から市内へ、

そして市内の循環バスもありますが、

※時間通りに来ない、

そしてルートが分かりにくいという問題点…w





タクシーはホテルにお願いすれば、

定額のタクシーを呼んでくれますし、

マルタ島内はメーターのタクシーも走ってます!





※定額タクシーは一般人の「白タク」が大半ですw





ただ、タクシーはあまり安くはなく、

空港から市内のホテルまでは片道30〜40ユーロ、

10分〜20分程度の距離の定額交渉でも

15〜20ユーロ、それ以上が相場です。





さすがヨーロッパの観光地だけあって、

ホテル、タクシー、レストラン、

物価は全てそれなりに高いと感じると思いますf^_^;





さすがにボッタクリはなさそうな国ですが、

マルタではこれくらいの金額が普通なんだと思って、

割り切ってタクシーで便利に移動するのがベターです!







コミノ島とゴゾ島に行くなら、

マルタ島の港からフェリーで向かいます!

thumb_IMG_2159_1024

コミノ島とゴゾ島を1日で周り切るなら、

往復チケットではなく片道チケットを購入して、

最終的にマルタ島へ帰ってくるような、

各島へのワンウェイトリップも可能です!







■マルタのオススメの料理は「ウニパスタ」!?



マルタ自体、ウニが有名かどうかはわかりませんが…

個人的に激ハマリしたのがウニパスタ!笑

thumb_IMG_2369_1024

しかし、どこのレストランにもあるわけではなく、

マルタ島内で発見したのは2店舗、





■初日に宿泊したホテル、

マリティムアントニンホテル&スパ(Maritim Antonine Hotel & Spa)

に隣接している1階のレストラン





■パレッダで空撮した場所の近くのレストラン

Scoglitti Restaurant





ここにウニパスタがあり、

どちらもめっちゃ美味いです☆〜(ゝ。∂)





ウニは英語で「Sea urchin」なので、

シーアーチン・パスタ!と言えばOKです!!

thumb_IMG_2099_1024



…と、言うわけで、

今回はマルタ共和国の空撮画像を載せてきましたが、

マルタ共和国の素敵な雰囲気が伝われば嬉しいです!





治安が良く地中海の綺麗な海を満喫できますので、

家族でも一人旅でもカップルでも

是非、ヨーロッパに来たらふらっ〜と寄ってみると

良いかもしれませんね☆〜(ゝ。∂)

ドローン持って、世界を自由に旅する仲間を募集中!


国内・海外問わず、

好きなときに好きなだけ

ドローン空撮をして楽しむ人生。



そんな私のような

クレイジーなライフスタイルに興味があれば、



私が無料発行している下記の

メール講座に無料登録してみてください^ ^



世界の綺麗な景色を求めて旅し、

毎日自由にドローン空撮できるきっかけなるかも…!?



ぜひ一緒にドローン空撮仲間になって、

世界中へ一緒に自由な旅に出ませんか???


お名前(必須)

メアド(必須)