▼【海と馬車と自転車の楽園】バリ島から行ける美しい離島ギリトラワンガン島ドローン空撮Gili Trawangan


★PCブラウザからご視聴の場合は…

【歯車マーク】→【画質】→【1080P-HD】の

最高画質でご覧いただけると、

より素晴らしい映像で感動が伝わります^ ^

1080phd

こんにちわ!

世界の絶景を巡る

ドローン空撮職人こと、さわです^ ^





インドネシアの超穴場のギリトラワンガン島へ

ドローン空撮の旅に行ってきました!

giri_i16

私は2015年6月以来、

今回は2度目のギリトラワンガン。





インドネシアの有名な定番スポットで

バリ島からもギリトラワンガンは近く、

港からフェリーで片道2時間で行ける、

海がとても綺麗な離島です!

giri_i23

ごちゃごちゃしてるバリ島も楽しいですが、

ギリトラワンガンはかなり自然がいっぱいで

馬車や自転車で移動する方法しかないので、

平和な空間により雰囲気がまたガラッと変わります^ ^

giri_i5



ギリトラワンガンは高城剛さんの

「人生を変える南の島々。アジア編」でも紹介されてるだけあって

本島に素敵な場所だと思います!





ぜひご自分の目で、

この島の素晴らしさを感じ取ってください☆〜(ゝ。∂)





そんなこんなでまずは早速、

ギリトラワンガンのドローン空撮を紹介しましょう!!

マイベスト・ドローン空撮 in ギリトラワンガン

ボートが船着場に停まってるビーチで、

真上からの空撮!色味がカラフルでめっちゃ可愛いです(≧Д≦)

giri_d6

船着場のビーチの全体の空撮はこんな感じ!

giri_d9

giri_d10

ちょっと角度を変えた別な上からの空撮

giri_d11

giri_d12

この綺麗な海のブルーと

カラフルなボートのコラボはギリトラワンガンの魅力!萌えますw



午前中でまだ日がてっぺんに登る前の船着の桟橋の空撮の様子

giri_d1

桟橋の沖側からビーチを見た空撮の景色

giri_d5

沖の方に出ても、海の色は綺麗です!

giri_d3

道沿いに馬車もちょっと空撮で写ってるのがわかりますか??

giri_d14

地元民が乗馬をしてレースして遊んでました!

giri_d8

giri_d2

ビーチを空撮してたら撮影してくれ!とロシア人カップルにお願いされました!

giri_d13

giri_d4

…ここからはギリトラワンガンについて、

私の見解も含めた旅レポートを紹介します!

ギリトラワンガンへの行き方とは?

【ギリ(インドネシア語)=「島」】を意味し、

英語でいう「なんちゃらアイランド」は、

インドネシア語で「ギリなんちゃら」になります!





「ギリ三島」はバリ島とロンボク島の間にあり、

西側から順に「ギリ・トラワンガン」、

「ギリ・メノ」「ギリ・アイル」と並ぶの

小さな3つの島の諸島のことです。



ギリ三島全体をを空撮するとこんな感じです!

giri_d7

この3つの島の中ではギリトラワンガンが一番栄えており、

メノとアイルはギリトラワンガンから、

簡単に5-10分程度でボートで日帰りの旅で行くことができます!

giri_i30

giri_i31

ギリトラワンガンに行くために、

フェリーでの移動ですが発着点は

「バリ島」「ロンボク島」の2箇所です!

giri_i2

私はギリトラワンガンへの旅は

2回ともバリ島のツアー代理店で申し込みました!



値段も代理店によってさまざまですが、

ホテル送迎とフェリー往復(帰り便はオープン可能)で、

3,500〜4,000円くらいでです!(2016年2月現在)

giri_i1

これより値段が高いと、

代理店にボラれてる可能性ありますw





私の記憶にある限りですと、

早朝出発(AM6時ピックアップ)と

午前中のゆとり出発(AM10時ピックアップ)





■バリ島のホテルにマイクロバスで送迎

↓移動2時間くらい。

■バリ島の港へ到着

↓待ち1-2時間。

■港からフェリーに乗る

↓2時間程度。

■ギリトラワンガン到着





AM6時ピックアップの便だと、

昼過ぎくらいに到着、

AM10時ピックパップの便だと、

夕方前くらいに到着の感じです!

giri_i15

ギリトラワンガンから帰りの便で

もし直接バリ空港へ向かう予定なら、

ゆとりを持って行動した方が無難です!





バリの渋滞状況や、

フェリーの運行は天候で大きく左右されるので、

定刻よりかなり遅れるイメージです。

ギリトラワンガンの特徴、物価、治安は?

「海と馬車と自転車の楽園」と呼ばれており、

簡単にギリトラワンガンの3つの特徴ですが、



【1】バイクや車禁止!

【2】警察がいない!

【3】ボッタクリがない!



バイクや車などのエンジン付きの乗り物がなく、

代わりに自転車or馬車で

島内を移動することになります!

giri_i6

giri_i7

giri_i17

警察はいないので、治安大丈夫?って思いますが、

素晴らしいくらいにハッピーなオーラが出てます!





また、ボッタクリがないってことですが、

これはあくまでも私の価値観ですが…





「価格がほぼ統一されている」という点と、

それと「物価が若干高め」なことが理由なのか、

見た目の心も汚らしい人はほぼ見かけません!





逆にボッタクリが多いバリなどは、

ヘンな価格競争によってお金のトラブルが発生したり、

そのせいで治安の悪化にも繋がると思ってます。





その点、ギリトラワンガンは

馬車の値段も行き先で定額であることや、

自転車のレンタル代金もどこも似たような感じです。

giri_i24

giri_i27

レストランやホテルの値段も、

平均してインドネシアにしてはまあまあ高め?な、

設定になってるおかげでトラブルはないイメージです。





バリに比べて海は圧倒的に綺麗で、

美しい自然に囲まれた島内を

自転車や馬車での移動は心が癒されます^ ^

giri_i26

giri_i25

夜23-24時くらいまでは、

ビーチパーティ的な感じで

ワイワイやってるところも一部ありますが、

基本的に静かで穏やかに、のんびり過ごせます。





島の人っ気のないところに行くと、

馬は牛?ヤギ?など自由に放牧されてます!

giri_i11

giri_i9

普通に暮らしている村人の子供

giri_i10

ギリトラワンガン島、唯一のコンビニ。ギリマートw
giri_i8

フレッシュフルーツジュースも美味い!
giri_i4

島を歩きながら食べるアイスクームも美味しいです!
giri_i29

また晴れた時のサンセットがとにかく美しく、

私はいままでみた夕日の中では

世界トップレベルに美しくめっちゃ綺麗でした!

giri_i33

ギリトラワンガン島の西側、

つまり、サンセットスポット側のビーチ前にある

オンバック・サンセットホテル。

giri_i18

このホテルの所有物になりますが、

夕日を見ながら、ビーチに浮かぶブランコは

めっちゃ絵になります!

giri_i20

giri_i21

ここのホテルは一泊1万円弱はしますが、

雰囲気もロケーションも最高でお気に入りです!

giri_i19

giri_i22

インドネシアのドローン持ち込みは可否に関して

ここからはインドネシアの規制や

ドローン持ち込みに関する重要な情報をシェアします。





2016年1月現在の状況にはなりますが、

バリ島のテンパサール空港では、

パーミッション(利用許可証)なし状態では、

空路からのドローン持ち込みは禁止となってます!





▼以下がインドネシアのドローン規制事情の公式HPです

http://hprplawyers.com/legal-provisions-in-operating-drones-in-indonesia/





私は事前情報を収集せず、何も知らずに

ドローンを持ってインドネシアにやってきました。



2015年6月は問題なかったのですが、

規制のルールが変更になったようです。





入国審査後の税関にて、

バリ・テンパサール空港の職員に

「パーミッション持ってる?」に「ない」と回答したところ、





別室に誘導されて、

もしこのままない状態で持ち込みたいたいなら、

「100USドルの支払い」条件で賄賂請求をされましたw





もしこの場で支払い拒否をしたら、

インドネシアから海外に出国するときに、

ドローンを返却してくれるとのことでしたが、

実際にはどうかわかりません。。。





結局、私は職員に値段交渉して、

半額の50ドル支払いで税関スルーできましたw





スルー後はバリ島やギリトラワンガン島では

パーミッションの提示を一度も求められたことはなかったです。





※バリ島のブサキ寺院はドローン飛行禁止の張り紙

→バリのビーチ、ライステラス、

ウルワツ寺院などでは飛行は特に問題なかったです。

(2016年1月現在)





インドネシアのルールで、

飛行高度は150mまでの制限と決まっているようです!





持ち込みは賄賂でどうのこうのは、

その時の状況などにより絶対的な確約はできません。





※あくまでの個人の経験談として共有させて頂きますので、

パーミッションの事前取得を必ずオススメします!







その他、ギリトランワンガンのいろいろ…



可愛すぎるギリパンツw

giri_i32

インドネシアのビールといったら、ビンタン

giri_i14

インドネシアっぽいの

giri_i13





このあとも世界のどこかを旅しながら、

ドローン空撮旅レポートします!




どうもありがとうございました!

ドローン空撮職人、さわ

ドローン持って、世界を自由に旅する仲間を募集中!


国内・海外問わず、

好きなときに好きなだけ

ドローン空撮をして楽しむ人生。



そんな私のような

クレイジーなライフスタイルに興味があれば、



私が無料発行している下記の

メール講座に無料登録してみてください^ ^



世界の綺麗な景色を求めて旅し、

毎日自由にドローン空撮できるきっかけなるかも…!?



ぜひ一緒にドローン空撮仲間になって、

世界中へ一緒に自由な旅に出ませんか???


お名前(必須)

メアド(必須)